マンション投資の成功と失敗について

失敗しないマンション投資

マンション投資と言えばどのよなことを思い浮かべ、投資に失敗するとはどのような事を言うのでしょうか?

すでに住んでいる場所があるけれどマンションを購入し、人に貸すことをマンション投資というのでしょうか?

一括で購入する人は、まずいないでしょうから、頭金を払いローンで購入し、それより少し高い値段で人にかし、収入を得る。

借りる人はそのことは知らないで借りるのでしょうか・・・本当はもっと安い値段なのに高い金額で払わなければならないとは。

私でしたら、あまり、気持ちの良い物ではありませんが、しかし考えれば、中古も同じことなのかもしれません。

中古か新築かの違いだけで、所有している人は自分ではなく、他人という事で、貸してもらっているという事でしょう。

図書館で本を借りたり、DVDを借りるのと、同じことです。

アパートの大家になったと思えばいいのかもしれません。

しかし、マンション投資で失敗してしまってはせっかくお金を増やそうと、購入しても無駄になってしまします。

マンション投資に失敗するという事は損をしてしまっていることなのでしょうか。

不動産かマンション業者から、購入した値段より、高い値段で、貸しているのに、何らかの理由で損をしてしまう。

そこには何か理由があるのでしょう。

物件をよく見ないで、利用する人がたくさんいると、勘違いして買ってしまうのか、大学の近くで学生がたくさん利用すると思い、思い切って購入したところ、あまりに不便でバイトに行きにくい等という理由で引っ越してしまう人も多いかもしれません。

購入してから、後悔しない為にも、とにかく正確に判断をし利用者が多いのか鼻を利かして判断しなくてはなりません。

購入する場合でしたら、その場に足を運んでよくマンションを見なければなりません。

マンション投資に失敗する要素としてはどのような原因があるのでしょうか?

こちらをご覧ください。

失敗しない!マンション投資のススメ

今は、家を持っている人がたくさんいますから、家を借りる人は3分の1にもみたないでしょう。

その激しい戦いの中で良いマンションを見つけるのは大変な事です。